鉄骨造解体

ライフラインを止める

工事の前にお施主様にして頂かなくてはならないのは、ライフラインの停止です。 もちろん、弊社では閉止の方法や資料をご提案させていただきます。

 

工事の際に使用する水道以外の、電気・ガス・インターネットなどの生活インフラを停止していただきます。

近隣挨拶・各種届出

建物の解体の際には各種届出が必要です。

各種役所などへ弊社で書類申請業務を代行いたします。 近隣へのご挨拶・ご説明なども弊社の営業が行います。

足場を組み養生シートを貼る

工事の際には粉塵や騒音が発生します。

 

解体用の足場組みを行い、防音・防塵効果のある養生シートを建物の周りに設置し、近隣へのご迷惑を最小限に抑えます。

足場を組み養生シートを貼る

屋根・内装・畳・窓ガラスなどを撤去

弊社では、解体のリサイクルのための分別を徹底して行います。

手作業にて、鉄・木・プラスチックなど、細分化しております。

また、重機での解体の前に、屋根材や内装材、畳、窓ガラスなどを全て手作業で取り外します。

木造家屋解体

.屋根・内装・畳・窓ガラスなどを撤去

重機で解体

鉄骨造解体では、鉄骨同士は強固に接合してあるため、重機を使って運搬可能な大きさまでに、細分化して解体します。 廃棄物はスクラップとして処理場に運ばれ、精錬後再利用されます。

基礎の解体

建物の解体が終わったら、建物の基礎を解体します。

重機を使用してコンクリートと中に埋まっている鉄骨を小さく壊します。

それぞれリサイクルのため処分場へ運搬します。

整地

解体後の現場に残った廃棄物の破片を作業員の手で丁寧に取り除き、重機を使用して整地します。 工事の前より美しい状態でお渡し出来るよう心掛けています。